FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

≫ EDIT

糸のみほとけ展


この夏 拝見した展覧会で 外せないのが、糸のみほとけ展。
奈良国立博物館のみの展示ですので、会期が法隆寺夏季大学の期間と重なっていたのは 私にとって大きな幸運でした。
東博の法隆寺宝物館保管の染織品も数多く出展され、初めて拝見するものもたくさん。 その上、宝物館の極端に暗い照明に比べ 今回の展示は明るくて見やすい‼︎
展示の中で最も感激したのは、天寿国繍帳。
天寿国繡帳には、長~い歴史があります。
そもそもは、聖徳太子のご逝去を悼み、妃の橘大郎女(たちばなのおいらつめ)が、太子が往生なさった天寿国のありさまを刺繍で表した帳(とばり)でした。帳は、垂れ幕、いわばカーテンのようなものですから、かなり大きなものだったようです。
制作された飛鳥時代 7世紀から年月を経る間に所在不明となっていた繡帳を、鎌倉時代に中宮寺の尼僧が法隆寺の蔵で再発見。既に かなり傷んでいたのでしょう。1275年に中宮寺の寺宝として、繡帳の模作(新繡帳)を制作し、開眼供養を実施したとの記録が残っています。
さらに年月は流れ…江戸時代1731年には、新旧繡帳ともに、破損が進み断片化していたようです。そこで、遺された断片を寄せ集め掛軸装にされました。その後、大正時代に 掛軸装から現在のような額装に改められ、保存のため中宮寺本堂から、奈良博へと寄託されています。
つまり、現在の天寿国繡帳には、飛鳥時代のオリジナルと鎌倉時代の模作が混在しているのです。普通に考えると、600年も後の鎌倉時代の模作の方が綺麗に遺っていると思われますが…現実には 飛鳥時代のオリジナルの刺繍糸や残欠の方ががずっと美しく遺っています。まさに、古代における染織技法の素晴らしさが 如実に感じられる作品の一つが天寿国繡帳といえましょう。
花弁の鮮やかな縹色、鳳凰や蓮華から化生する人、飛鳥時代特有の衣装を纏った人々など、1300年の隔たりが信じられないほどの色鮮やかさ! うっとり。
中宮寺さんにある天寿国繡帳のレプリカとは 全くの別物。
この実物が拝見できただけで 炎暑をおして奈良に来た甲斐があったと満足したのでした。

うだるような暑さの奈良。博物館前の池に鹿が入っているのを 初めて見ました。少しでも暑さをしのぐための生活の知恵でしょうか?

奈良滞在最終日には、夏季大学は自主休講。
春日大社の朝のお参りに参加し、若宮にもお参りさせていただきました。若い神職の方にお話を伺ったり、奈良町の蔵元を訪ねたり…。
念願だった十輪院にも伺えました。東博構内で最も古い建造物の校倉は、もと元興寺十輪院にあった経蔵というご縁があります。
画像は、みほとけでスタートした旅のラストを飾るに相応しい 十輪院の蓮華です。

| 未分類 | 13:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迦楼羅の鈴

前回ご案内させていただいた 東博 法隆寺宝物館第6室 透彫金具には、少々異質なものも展示されています。

画像の1番右端に写っている 金銅製の鎖のついた小さな鈴にご注目。
なんと伎楽面(東博 法隆寺宝物館1階3室にて金曜、土曜のみ公開)の迦楼羅に付属する鈴の可能性があるそうです。

迦楼羅(かるら)は、もともとインドの神々の一員で、毒蛇を食べる霊鳥「ガルーダ」。
日本では仏教に取り入れられ、 阿修羅などとともに仏法を護る八部衆の一員となりました。
献納宝物・伎楽面の迦楼羅は、その嘴に宝珠を咥えており、その宝珠の先端に小さな環が埋め込まれています。 (画像、矢印の先がその小さな環なのですが、ご確認いただけますか?)
この環に初めにご紹介した鈴が付いていたとのこと。この説については、まだまだ検証の必要があるそうですが…
美しい声で鳴くといわれている迦楼羅を象徴するような鈴の音はどのような音色だったの? 
ダイナミックな動きで舞ったと推察されている伎楽の迦楼羅、宝珠の先端についた鈴をどのようにあしらっていたの?
などなど、 ついつい妄想が暴走してしまいます。
美しい広東綾大幡や透彫金具の展示は、9/2まで。だいぶ凌ぎやすくなった夏の終わり。どうぞお出ましくださいませ。

| 未分類 | 09:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古代の透彫金具

東博、法隆寺宝物館第6室では、9月2日まで染織のみの展示となっています。
正面ケースには、全長12メートルを超える大型の広東綾大幡。
名称の「広東」は、幡に使われている赤地の経絣が「広東裂」と呼ばれることによります。
現在では、ほんの少ししか残っていないのですが…
緯糸が抜けてしまい経糸のみになった経錦に挟まれて映っているのが広東裂。

1300年前の染織品とは信じられないほどの鮮やかな色彩が残っています。金銅透彫山形金具も美しい。

今回の展示の注目は、透彫金具!
保存修復の処理が終わり、初公開される透彫金具が平ケース一面に展示されているのです。

宝物館に展示される金工品は、国宝の灌頂幡をはじめとして金銅仏や水瓶など かなりの点数を数えますが、そのほとんどが古色蒼然。
ところが、今回初公開された透彫金具は、まるで磨いたかのような輝き!  


これは、染織品とともに長い時間保存されてきたことにより、錆が少なく 本来持つ金工品の色合いや輝きを保っているからとか。
透彫金具は、大きさも文様表現もバリエーションがあり、見飽きることがありません。
縄文展とびじゅチューン関連のなりきり日本美術館企画で賑わう平成館や本館に比べ、法隆寺宝物館は 暗く静謐な雰囲気を保っています。手軽な避暑にぴったり。どうぞお出ましください!

| 未分類 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

火焔型土器

西日本の水害被害のニュースに接し 心痛む日々ですね。復旧が進み 穏やかな日々を取り戻されますよう 祈らずにはいられません。
私自身も、平穏な日々が 崩れてしまう出来事があり しばらく更新が滞りました。
また、ぽつぽつと綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、東博で開催中の特別展 「縄文 ー1万年の美の鼓動」
考古学には ほとんど関心のない私。1万年分の石や土器…そんなにたくさん見て飽きるのでは…そんな心配は不要でした。
ドラマチックな照明効果で、ぐいぐい引き込まれます。
圧巻は、国宝 火焔型土器!

ずいぶん前に 宗左近氏の著作を読んで 「実物を見てみたい!!」と思っていたことを 突然思い出しました。
画像から受けるとてつもないパワーゆえか、実物は意外にも小さい!それが第一印象。
美術作品は、実物をみて「え、こんなに小さかったの?もっと大きいと思っていた」と感じるのは、作品にパワーがあるからこそ!と信じている私。火焔型土器のもつ 美の力に圧倒されました。
三内丸山遺跡で発掘された縄文人の編みかご、縄文ポシェットも、中に入っていた胡桃と一緒に展示。ピアスや櫛など縄文人のアクセサリーも とても魅力的!
7/31~は、縄文の国宝全てが東博に集結するとか。一万年の美の鼓動に触れ、暑気払いとされてはいかがでしょう。

(火焔型土器はじめ、会場内の撮影は禁止ですが、出口前のこのコーナーのみ撮影可能。)

| 未分類 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小泉淳作画伯の襖絵


小泉淳作画伯による 東大寺本坊の襖絵が展示されるとの記事を読み、居ても立っても居られず 出かけてしまいました。杜の都 仙台!
今回の展示は、多賀城市の東北歴史博物館で開催中の「東大寺と東北」展と関連したもの。公開されることが難しい寺坊の襖絵を拝見するのは、滅多にないチャンスと、いろいろなことに目をつぶって エイヤーとばかりに決断。
うーん、蓮も桜も素晴らしくて、思わずうるうる。無理してやって来て本当に 良かった~!
これだけでも十分満足したのですが…せっかく仙台まで行くならと、以前から行きたいと思っていた、東北福祉大芹澤銈介美術工芸館へ。

芹澤銈介氏の作品だけでなく、氏の審美眼で集められた日本や世界各国の工芸品のコレクションなどもあり、蒲田の自邸の復元コーナーなど、興味深い展示もあります。

併設のショップで、ほんの少し購入しただけなのに、こちらオリジナルの素敵なショッパーに入れてくださって嬉しかった!
「仙台、芹澤銈介氏」でリサーチしていたら、なんと仙台市博物館では、「手仕事の日本 柳宗悦のまなざし」展開催中とのこと。これも、行くしかないでしょ。

こちらは、駒場の日本民藝館所蔵品によるため、見覚えのあるものも多かったのですが…
芹澤銈介氏による 幅13mを超える「日本民藝地図」は圧巻でした。
図らずも民藝色の濃い仙台トリップとなりました。駆け足ながらも、気分はリラックス。普段トーハクで向き合う仏像や宝物とは異なり 「生活に根ざすもの」だったからかも…。

今回の移動でお世話になったるーぷる仙台。観光案内をしてくださる運転手さんもいらして、なかなか楽しい乗車体験でした。

仙台城跡での勇ましい伊達政宗公。ここぐらいは、訪れなきゃね!

杜の都ですものね。夕方には、雨も上がり 眩いばかりの新緑。

本日の歩数25,000歩!歩いた、歩いた!
さよなら仙台!

| 未分類 | 00:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT