FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

聖ミカエルのご加護?!

     IMG_0771 Mont St Michel

今回の旅行で一番行きたかったのが モン・サン・ミッシェル!
ウン十年前の卒論で取り上げた11世紀の工芸品で この満ち潮の時には海に浮かぶ不思議な修道院と出遭って以来 いつか行ってみたいと思っていました。
前回は パリから泊りがけで出かける勇気がなくて 諦めたので 今度こそは! 

早朝発ったパリは 土砂降りの雨。
しかし、ノルマンディー地方を西に向かっていくうちに 強い風が雲を掃ってくれました。
モン・サン・ミッシェルでは こんな青空が!!!
カモメの後ろに写っている尖塔の頂点にお祀りされている聖ミカエルさまのご加護かしら?


     IMG_0652縮小

島の入口は江の島のような観光地っぽい雰囲気ですが 修道院の中は 静かな時間が流れていました。


今やスリに要注意の街になってしまったパリ。
スリにも遇わず 狙われる携帯No.1の iPhone 5 も獲られることなく無事に帰国できたのは 聖ミカエルさまのご加護がパリでも続いたのかも?!


       IMG_0623縮小

長い間 あちこちシートに覆われていたノートルダム大聖堂も 無事に修復が終わりシートが外されていました。
広場には 修復されたファサードがよく拝見できるように 大きな階段状の仮設テラスがド~ンと設けられています。


       IMG_0625縮小

階段の中ほどから眺めたノートルダム大聖堂。
確かに きれいになっています!
しかし、ここはスリが多いので ぼーっと眺めているのは危険。


     2013_0414デジカメデータ0434縮小加工


こちらは ルーブル美術館 モナリザの前。
モナリザの左右にスリに注意の看板が掲げられているのが お分かりでしょうか?

誰もが モナリザにうっとりしているか モナリザと一緒の記念撮影に夢中になっているここはルーブルの中でも最もスリに注意のエリア。
開館直後でこの状態ですから この後は まさしくイモ洗い状態!

実は ルーブル美術館は この前日に見学を予定していました。
ところが 美術館の職員が スリのあまりの多さや スリを捕える際に暴行を受けることに抗議のストライキを決行して 突然休館に!
(さすが 労働者の国!何かというとストライキ。ちなみに前回ルーブルを訪れたときも ストライキでした。ただしその時は 30分遅れで開館したのですが 今回は 全日休館でした。)

スリの犯人は未成年が多いため 無料で美術館に入館。
お仕事に励んで捕まっても 未成年のためにすぐに釈放される。
そんないたちごっこで 有効な取り締まりの手立てがないとか…

早く安全なパリに戻って欲しいものです。


     2013_0414デジカメデータ0597縮小



| 未分類 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT