FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

庭仕事のご褒美

涼しさを飛び越えて寒いくらいですね。前回の更新から、あっという間に1ヶ月も経ってしまいました。とほほ…。
今日は、久しぶりに庭仕事について。ほぼサボっているのですが…目に余る状況になると 仕方なく出動。そんな中での、ご褒美と思える2つ。

画像は、ご褒美その1 。夏の盛りの庭仕事の最中に拾ったヤマトタマムシのなきがらです。
実は、昆虫はちょっと苦手。しかし、このメタリックな緑と赤の縦縞の魅力には抗えず、室内へ。
驚くのは、かれこれ7週間ほど経つのに、色が褪せない!  
だからこそ、古代の装飾にも使われたと納得です。
奈良法隆寺蔵 国宝「玉虫厨子」は、その名の通り装飾に多数のタマムシの羽が使われていますが、1300年を経た現在でも、僅かに残った羽は光沢を保っています。(スコープを使っても、場所を示してもらえないと分かりにくい! しかし、場所が分かると 不思議と光っているように見えるのは 単純な私だけ?) 

暑さの厳しかったこの夏、我が家の林檎の木には沢山の実りが。
二階の高さから道路に張り出した枝という 収穫しにくい場所にあるため、いつもは野鳥に提供するのですが…今年は、紅く色付き美味しそう。
枝切り鋏を振り回し、落下場所を指示するJと大きなビニール袋を広げ、遥か下の道路上で右往左往する私、そんな共同作業にて、何とか収穫。
立派な林檎籠に対して、だいぶ見劣りする林檎たちではありますが、十分生食可能。
というわけで、ご褒美その2です。

| 未分類 | 18:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |