FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルバニアは何処?

          ウールの衣装展

岩立フォークテキスタイルミュージアムで開催中の「ウールの衣装」展へ。
写真に写っている衣装はアルバニア共和国の高地にすむ人々のものだそうです。
ゴートヘアーにビーズの装飾がなされた存在感のある衣装。

ところで 皆様は「アルバニア共和国」がどこにあるかご存じですか?
バルカン半島の南西部に位置し 南隣はギリシャ。
西はアドリア海を挟んでイタリアです。 

日本でアルバニアのことがニュースに取り上げられる機会はとても少ないのではないでしょうか。
私は 恥ずかしながら 共産主義 だいぶ前にイタリアへたくさんの移民が船で渡ったのがニュースになった…そんな知識しか持ち合わせていませんでした。

今回 そんなイメージがずいぶん古いものだとわかりました。
アルバニアはかなり前から 共産主義政権ではなくなっており 3年前にはEUへの加盟も申請しているそうです。
もちろん日本からの観光も可能。
しかし 一部政情不安もあり 外務省からの危険情報も出されているようです。
ネットでリサーチすると いろいろ面白い情報も出ていて 興味深い!!

さて 展覧会は いつもながらたいへん見ごたえのあるものでした。
今回は ギャラリートークの日ではなかったのですが 展示品について丁寧なご説明を伺うことができて幸せでした。
お知らせにもありますように アルバニア以外にルーマニア インド北部などの衣装も。
原毛の色を生かしたフェルトのコートはまるで敷物並の厚さ!
信じられないほど大量のマチを入れた男性用コートとともに重量感たっぷり。
そうかと思えば 制作にかかる途方もない手間を昇華させてしまったかのように軽やかなパシュミナのストール。その土地に根差した様々な表情のウールの衣装を楽しむことができました。
 





| 展覧会 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/155-b1965445

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT