FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神宮徴古館

外宮近くの倉田山の森に神宮徴古館(じんぐうちょうこかん)は神宮美術館 神宮農業館とともに静かに建っています。

     20131107090s.jpg


            20131107091s.jpg

赤坂の迎賓館などを設計した片山東熊による設計。
明治42年に建設されたルネッサンス様式の優雅な外観を持つ建物。
ちょっとヨーロッパのような雰囲気なので 車のCMなどに使われることもあるそうです。

内部には過去の式年遷宮による御神宝類などが展示されています。
解説してくださった神宮美術館の方が「せんぐう館の展示品はレプリカが多いですが徴古館の展示品は実際に使われたホンモノです。」とおっしゃっていましたが まさしく本物ばかり!
20年前のご遷宮に使われた装束などは まだ新品同様のうつくしさでした。

ついでにレプリカが多いとされた「せんぐう館」もご紹介と思いましたが こちらはあまりの人の多さに建物の写真を撮るのを忘れていました。
代わりに せんぐう館が面しているまがたま池を背景に入館証を撮った写真を。

            20131106015ss.jpg


「せんぐう館」は今回の第62回神宮式年遷宮を記念して創設された博物館。
ビジュアルな工夫を凝らした展示が素晴らしくご遷宮のことがよくわかるようになっています。

中でも外宮正殿の実物大の模型は圧巻!
そばにある3Dをいかした正殿が建てられるまでの画像も大変興味深く拝見いたしました。
とても面白い画像なのですが、隅っこにある小さな画面なので気が付かない方も…
(私も ご案内してくださった方に教えていただかなければ素通りでした。)
いずれ 大きな画面でたくさんの方がご覧になれるようにしたいと担当の方がおっしゃっていました。

確かにレプリカや模型が多いのですが 「見せる」「理解してもらう」ということにこだわり 現代ならでは技術も駆使した 今しかできない博物館だなぁと感じました。

| | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/231-7bad6b04

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT