FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どよ~ん

2週続いての週末の大雪…
みなさま お変わりなくお過ごしでしょうか?
日本はいつの間にか亜熱帯になったのかしら…なんて思っていた暑い夏が嘘のような 積雪ですね。
あちらこちらで 多くの被害が出ているようで お見舞い申し上げます。


           20140214006s.jpg

我が家も周囲の道路の雪掻きに奮闘!
後ろ足を引きずりながら LINNEAも雪掻きならぬ犬掻きで参戦しました。

庭の雪掻きは手つかずですので いまだ雪景色のまま。
怖いのは 屋根に積もった雪が滑り落ちてくること。
部屋の中でいくら暖房をしても高断熱のため屋根には伝わらず…どっさり積もった雪が 時折不穏な音を立てて屋根を滑ったり 中には庭まで落ちてくるものも。
天気予報には またしても雪マークが…
これ以上 被害が広がらないことを祈ります。


さぁ、留守中の宿題を片付けるのに時間がかかりました。
忘れないうちに…イタリア旅行のお話です。

最初の大雪で成田空港にたくさんの人が足止めされた8日昼に 帰国してまいりました。
いつも成田から家まで利用する空港発のバスはすでに運休していましたが まだ動いていた他の交通機関を利用して 午後に帰宅できたのは幸いでした。
トラブルで始まった旅行でしたが おわりよければすべてよしです!

     20140202005s.jpg

フィレンツェといえば このドゥオーモ
花の聖母マリアを意味する大聖堂のドーム。
背景の空はどよ~~ん。
私の心も どよ~~ん でした。
なぜなら お金がなかったから!!

皆さんはご旅行の時の現金はどのような形でもっていらっしゃるのでしょうか?
私は 日本で預入をしておくと 海外のATMで現地通貨が出せるカードを利用しています。
先ず 空港に到着すると 英語対応している確率の高い空港内のATMで現地通貨を引き出すのが常。

ところが今回は引き出せなかったのです!
空港でも 街中でも…!
回線のつながりが悪いためと思い込んで ATMを見かけると何度もチャレンジ!
金額もピンコードもすべて打ち込んで祈るような気持ちで待っているのに…
無情にもカードのみが戻って来るのです。
尤も イタリアではカードがATMに呑み込まれたまま戻ってこないなんてことも多々あるようですから 何度のチャレンジでも ちゃんとカードが戻ってきたのは 不幸中の幸いだったかも。

いざという時は クレジットカードで現金が出せる、なんて軽~く考えていましたが…
あれって キャッシングの設定をしていないとダメなのですね。
ネットで調べたら 二人の持参したクレジットカードは 全てキャッシングが0円になっていました。あ~ぁ。

さぁ 困った!
できる限り クレジットカードを利用するとしても 限度があります。
早速 このドゥオーモのドームに上るための入場券売り場で「キャッシュ オンリー!」といわれてしまいました。
ご丁寧にも 「このすぐ横にATMがあるよ!」のご指南まで。
そのATMでキャッシュが出せないから クレジットカードでお願いと頼んだのに…

せっかく はるばるイタリアまでやってきたのに…。
現金がないことで いろいろなことを諦めなきゃならないと思うと 曇り空と同じように私の心もどよ~~ん。
「現地通貨は大丈夫」なんて 大見得を切ったTにも 申し訳ない気持ちでいっぱい。

楽しみにしていたウフィッツイ美術館訪問すら どよ~んとした気持ちで拝見したので巨匠たちの絵も 少々トーンダウンの印象。
ボッテッチェッリもダビンチも もちろんそれなりに素晴らしかったですけれど…

じつは 大人気のウフィッツィ美術館は入場のための行列覚悟との噂でしたので 日本からチケットを予約 カード決済していきました。
そのおかげで 現金がなくても無事に入場できたのですが…
しかし 他に予約したバチカン美術館に比べると 予約確認の指示があまりに大雑把だったために ちゃんと予約ができているのかとても不安でした。
それが 窓口で あっけないほど簡単にOKでしたから結果的には良かったのですが 安心からくる脱力感も。
それに加えて 朝からの観光で 装飾過多とも思える建物やら室内装飾 絵画 彫刻を いっぱい見過ぎ疲労感&満腹感。
本当は美術館の中のカフェに入るところ 何しろ金欠なので 館内のソファーでTとともに しばし伸びていたのでした。

懐が寒いことが こんなにつらいなんて~~~!
街角に立って 紙コップ揺らせて物乞いしたい気分でした。
どよ~~んでスタートした旅…進展はいかに?!    

| | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/254-bbc7e1f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT