FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天使の力?

     sanmarco.jpg

ATMから現地通貨が出せないというトラブルを抱えながらも フィレンツェでここだけは行きたかったのが サンマルコ美術館。
ドメニコ派の拠点として1437年に再建された修道院を美術館として公開しているもの。
こちらで一番有名な作品といえば フラ・アンジェリコの最高傑作といわれている「受胎告知」でしょう。

     20140217天使2

このフレスコ壁画がある2階は 修道士の寄宿舎として小さな僧房がずらっと並んでいます。
それぞれの僧房の内壁にもキリストの生涯と受難をテーマとしたフレスコ壁画があり 一部屋ずつ入口から鑑賞できるようになっているのです。
壁画ですので、ここを訪れなければ拝見できない作品ばかり…
修道院特有の静謐な雰囲気に浸りながら しばし俗世を忘れて ルネッサンスの世界をさまようことができました。

開館したばかりだからか 館内の見学者は私たちを含めてほんの数人。
スタッフの人数の方が多いくらいなのですが…
そこは おしゃべり大好きなイタリアの方々ですから 2階のスタッフは 受胎告知の壁画の前で ずうっとお喋り!
館内は撮影禁止ということでしたので ここに掲げた画像も ミュージアムグッズやほかのサイトからお借りしてきたもの。
ところが ネットには見学者の撮影による写真がたくさん!
あのおしゃべり熱中度では シャッター音も聞こえないでしょうから 当然かなぁ…
壁画は持ち出すなんてことできませんし 大切な受胎告知さえ守ればという合理的選択なのかも。


サンマルコ美術館は チケット売り場でもミュージアムショップでもカードがOKでうれしかった~
(感激するのがソコとは悲しいですが 現金が乏しいとそんなものです。)
今回のイタリアでは 日本やフランスなどの美術館にある無料のパンフレットというものが一切見当たりませんでした。
観光立国ですから ツアーのガイド料金や有料パンフレットも大切な観光収入だからなのかもしれませんね。
私たちのような個人旅行者は 暗い照明の中で英語の解説を読むか 日本から持参したガイドブックの簡単な解説を読むか あるいは有料のガイドブックを購入するかになります。
ガイドブックは確かに記念にはなるのですが、冊数が増えると重いため 厳選しなくては!
今回の旅では 有料パンフレットを含め ミュージアムショップで買い物をしたのはこちらだけ。


              20140217天使S  


この天使の栞もその時に購入したものの一つ。
サンマルコ美術館でたくさんの天使たちと出遭ったのがよかったのか あるいは 心洗われる時間を持てたからなのか
この数時間後に ようやくATM問題が解決しました!!!
少ない余裕ではありますが 現金があると こんなにも安心なものかと痛感しました。
これで ジェラートも食べられるし おなかが冷えてトイレに行きたくなっても大丈夫!

天使パワー 頼りになるかも!?



| | 02:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/02/21 11:46 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/03/02 17:39 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/255-eb887830

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT