FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリスマスも近いので…

クリスマスも近いのでクリスマスカラーの一つ 赤について…
・・011繧ォ繧キ繝溘い邨ケ繝槭ヵ繝ゥ繝シ蟾サ縺肴婿_convert_20101223070503
画像は先日の作品展に展示したカシミアと絹のマフラーです。
赤という色には ちょっと苦手意識があって 作品数は多くありません。

この赤は 2009年の「ポワレとフォルチュニィ」展(東京都庭園美術館)で拝見したフォルチュニィの「デルフォス」ドレスの赤に感激して作ったもの。
しなやかな絹地を細かくたたんだプリーツの陰影が美しい デルフォス はどの色もため息の出るほど素敵でした!

そのデルフォスとはだいぶ表情が違う 画像のマフラーですが…
同じ濃度で染めたシルクとカシミアですが 光沢のある発色のシルクに対し マットなカシミアは色の深みを表現してくれるので 織りあげて仕上げをすると ご覧のようなストライプになります。

この赤…自分の中でのフォルチュニィの赤に近づけるために 何度か色を重ねて染めています。
赤に苦手意識があるのは この色のさじ加減が難しいからだと思います。
少しずつ自分の中の色に近づけていく…にじり寄っていく…そんな感覚でしょうか。
まぁ、この色を自分の中の色に近づけるために染め重ねる行為は 別に赤だけに限ったことではなく どんな色でも同じなのですけれどね。

画像から分かりにくいのですが シルクとカシミアの縮み具合が異なるので 布に表情が生まれ 温かい雰囲気になっています。

・」6_convert_20101223120610
こちらのほうが 布の表情が お分かりいただけるかもしれません。
これも 同じくフォルチュニィ 「デルフォス」の 別の色のドレスに触発されて作ったもの。

カシミアとシルクを使ったこのシリーズは ほかにも色違いで作っています。
薄手で軽いので スーツやコートの襟もとにピッタリ。
その軽さのためなのか それともストライプのように見えるのでシャープな印象なのか はたまた別の理由なのか不明ですが なぜか男性へのプレゼントにこのシリーズを選ばれる方が多いのは 驚きでした。
実は自分用にキープしておいたものも お譲りする羽目に…うれしい誤算でした!

今日はきれいな夕焼けでしたね。
穏やかな冬の夕暮れ。
私は 久しぶりに休日らしいのんびりとした一日を過ごし ほっこりしました。
やらなきゃならないことは たっぷりあるのですけれど…
このところずっと全速力だったので、たまには こんな日があってもいいかも~!

皆様も 穏やかな冬の夜をお過ごしくださいね。



| 織物 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/28-ffd31b4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT