FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上皿天秤のお引越し

          20140819tennbinn).jpg

糸の精練や染めの際に しばしばお世話になる上皿天秤。
かな~~りの年期もの。
計り自体は 年期をものともせず よく働いてくれますが…
購入時の箱が とても古色蒼然…というよりボロボロになり 計りを出し入れする度に気になっておりました。
いつもは染色用品を収めている戸棚に 染色桶や染料などといっしょに詰め込んでいるため 計りの心臓部ともいえる天秤の棹を保護するための箱が必需品。
しかし 計りがピッタリ収まるような箱がなかなか見つかりません。
だいぶ前に蓋の部分が取れてしまったのでテープで何度も補修。
ただし最近は箱の紙質そのものが劣化。さらにボッロボロへ。
こうなったら、自分で新しい箱を作るしかないのかなぁ…なんてぼんやり思いながらも 工作が苦手な私は今一つ踏み出せず、上皿天秤を使う度に悶々としておりました。
そんなある日 糸につける糊を煮ながら ふと「あの箱なら ぴったりかも!」と閃いたのです!


     20140819hako.jpg


じゃじゃ~~ン!
見事入りました~!
「あの箱」とは レトルトパウチのドッグフードの空き箱。
ボッロボロに比べると 今の若者のように若干スリムでのっぽサイズですが 入れ方を工夫すればオッケー!
十年以上の悩みが解決されて ヤッタ~~!

さすがにそのまま使うのは お世話になっている上皿天秤に失礼な気がして 紙を張ってみました。
数年前の年賀状用に作り過ぎた黄色の絵具の使い道に困って コピー用紙にいたずら書きし 捨てずにとっておいたのもの。(こんなもん 取っておいたんかい!と自分に突っ込みいれました。)
ピッタリサイズの箱が見つかり、捨てずに取っておいた紙が役立つという ホクホク感!
ただし気が急いて たるみ しわ おまけに下地がうっすら見える…とまるでお年頃の私のお肌のような出来栄え。
でも 好いんです!
上皿天秤の大切な部分さえカバーできれば十分。

右のボッロボロから 安普請ではありますが…新しい箱へとお引越し。
メデタシ!メデタシ!
上皿天秤さま これからもよろしゅうに!

| 未分類 | 16:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/08/29 08:48 | |

Re: タイトルなし

れいこさま

コメントありがとうございます。
形山さん なつかしいです。
ご一緒に仕事をしたのは 遠い遠い昔ですね~。
お仕事は このところ2日に1枚程度なので 続けているという状況とは言い難いかもしれません。

北海道ご旅行レポ うれしかったです。
チャンスがなく 積丹半島と小樽は訪れたことがありません。
積丹半島は 探訪予定の直前に大きな地震があり行きそびれて以来 なかなか伺えず。
しかし、冒険家のれいこさんと異なり 私もご主人様と同じく高所恐怖症。
いかない方がいいかも…と思い始めました。

ルルちゃんシッターがいらして うらやましい!
安心してご旅行できますね。
我が家は 車いすのリネアを獣医さんに預けても ちゃんとお散歩をしていただけないようなので しばらく旅行はお預けです。

| ふじおおじ まりこ    | 2014/09/04 19:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/294-fa0eb16f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT