FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014秋冬 読書メモ

今年読んで 深く心に残っていながら 感想がうまくまとめられずにいたご本。
そのままにしておくと忘却の彼方へ…そうしないための個人的な読書メモです。

     2014123001548778fd21e24c07d9cece180d7ddede7f7302c3.jpg

角田光代さんは、気になる作家。

関心の在りどころが自分のそれと重なると、「私の言いたかったことはこれなの! !︎」と思う表現が多くて 上手いなぁと歎息してしまいます。
「降り積もる光の粒」は、旅がテーマ。

旅好きだと思われている作者。
しかし、実際に旅に出ると面倒の連続。楽しいと思っている時間よりも困っている時間の方が多い。そして、旅は疲れる。
にもかかわらず旅を夢想するのは何故か?
作者は、その問いに次のように答えています。
「私はやっぱり今までの旅で、旅でしか得られない何かすばらしいものを手にしたのだと思う。…そのすばらしいものとは、きっとほかの人にはなんの価値もないことだ。民家の塀からこぼれるように咲いたブーゲンビレアとか、日陰に寝そべる犬とか、…旅しているときは、ただやり過ごし、見過ごしている。けれど旅を終えたとき、私たちは気づくのだ。それらが、きらきらと光を発しながら自身の内に降り積もっているのを。
…見知らぬ土地で蓄えた、そうしたちいさな光の粒は、時間の経過とともにますます輝きを強くする。それがその人を成長させるとか、ゆたかにさせるとは私は思っていない。ただ、静かに内に降り積もるだけ。それを一度知ってしまった人は、面倒でも、疲れるとわかっていても、無益だとわかっていても、どうしようもなく旅に出てしまう。旅に、取り憑かれてしまうのだ。」

う~~ん こんなご本に出会うと 諸事情から無理とわかっていても ふらふら癖がとても刺激されます。
思えば ATMから現地通貨が引き出せないという とんでもない状況に陥ったのは今年の初め。
あんな目に遇っても また行きたい!と思うなんて 私もかなり旅に取り憑かれているなぁ~。


     20141230IMG_3258.jpg

こちらは 今年のベスト本などにとりあげられることも多く 読書メモなんておこがましいですが…
これまでのご本と異なり 病気がテーマになっていることが エボラ出血熱が心配される世界情勢や 持病を抱える自分自身とリンクして 妙な現実感。ファンタジーを楽しむというスタンスから ずいぶん踏み出す感覚があります。
それでも 登場人物の魅力的なことは いつも通り!
ここは ミーハー感覚で しっかり楽しみました。

今年もあとわずか…
すっかり間遠になってしまった更新に お付き合いくださいました方々 ありがとうございました。
どうぞ 佳き年をお迎えくださいませ。

     20141230IMG_3263.jpg


| 読書 | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/12/31 11:41 | |

Re:

コメントありがとうございます。
司馬遼太郎を読まれるなんて さすが勉強家のれいこさん!
恥ずかしながら 私は、研究発表に逸れて ストーリーがなかなか進まない司馬節にイラついてしまい 数冊しか読了できていません。それも、かなーり昔のことです。
お手伝いしている拡大写本の活動では 司馬遼太郎氏の作品が よく取り上げられるので、身近ではあるのですが…。

NHKスタッフには きっと強力な伊勢谷ファンがいるのでしょうね。

| まりこ | 2015/01/03 02:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/309-9b1e018e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT