FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鬼退治の豆の行方




節分の夜の豆撒きはJの担当。
昨夜は、かなり遅い帰宅でしたのでご近所迷惑にならないよう、ただしオニさんには退散いただけるような声量で豆撒き。

子どもの頃は、いただける豆は ほんの一握り。大人はいいなぁと思いましたが…最近は、豆の数を数えるのも一苦労。お腹の膨れる たくさんのお豆を夜分に口にするのは さらに難行で、半分以上は 翌朝に。




Jは、お玄関前には ことさら 丁寧に豆撒きをしたようです。
今朝、リネアとお散歩に出ようとドアを開けたら お豆がたくさん!
鬼退治の豆は、ちゃっかりリネアのお腹の中へ。

一昨年までの節分の翌朝は、あちこちの門口で お豆をぽりぽりするリネアをセーブしながらお散歩するのがタイヘンでした。
車イスでのお散歩になって コースを変えたためなのか、今朝は 豆撒きの痕跡があるお宅が皆無。
そういえば 昨日スーパーで、恵方巻きに黒山の人だかりを目撃。
みなさん 節分行事は豆撒きから恵方巻きにシフトなのかしら?
ちなみに 天邪鬼な私は、売り手の戦略には乗らないぞ~と敢えて恵方巻きはパス。
ところが、遅く帰宅したJの手には、コンビニの恵方巻きが…。嗚呼!




明日は雪の予報。
春は まだまだのようですけれど…
ひかりの春は 一足先に やって来ていますね。

| ペット | 11:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/02/05 07:24 | |

Re:

れいこさま コメント ありがとうございます。
心配された雪は 思ったほどでなく よかったです。
しかし、翌朝の道路は、結構つるつるで 転ばないよう ペンギン歩きをしました。

劇評 ありがとう!
先ずは 遠路はるばる いらっしゃる熱意に 敬服です。
あの劇場は、車では我が家から わりと近く 数ヶ月に一度くらいは、側を通ります。ところが 公共輸送機関を利用すると、とんでもなく遠回り かつ時間がかかるため、未だ足を踏み入れず。まぁ、熱意不足なのですけれど。

平幹二朗氏は さすがの貫禄なのね。
言葉が きちんと伝えられることは、とても重要ですもの。
あの劇場は、終演時間が厳しい噂を耳にしました。
早口は、まさか そのためでは ないですよねー。

明日は日曜日。
大河のれいこさま評価は いかがかなぁ?
ダウントンアビーも ますます目が離せない展開ですね。


>リネアちゃん 豆好きなのね。
>我が家も 真理子さんの御推察どおり 豆まきを省略して
>恵方巻きに。
>私も 関西の真似をさせようとしても その手には乗らないわと
>昨年までは 抵抗していました。
>ところが今年は三日に出かけたので 帰りに恵方巻きを購入して 夕飯にしてしまいました。
>
>さて どこへ出かけたかぜひご報告したいと思っていたところです。
>蜷川さんの「ハムレット」 さいたま劇場まで行ってきました。
>和洋折衷の舞台 これはいったい何・・・
>いろいろ考えながらの観劇でした。
>普通にやるなら かつての新劇と同じですものね。
>こういう違和感で 挑戦してくるのが 蜷川さんなのかしら。
>二年前に見た 猿之助シャイロックの 「ベニスの商人」は
>むしろ 正統的な感じでした。
>
>役者は 平幹二郎が口跡がよく さすがの存在感! 貫禄ありました。
>
>期待の藤原竜也は 役になりきっていて魅力充分でした。 
>でも、早口になるのでせりふが明瞭ではない時がありました。 もっと聞き取りたかったのですが その点は残念。
>他の芝居でも 見てみたくなりました。
>
>雪が 劇場への途中 残っていて 真理子さんの雪景色の写真を
>思い出しました。
>あの時千葉は まったく降りませんでした。
今日は どうなるでしょうね。

| まりこ | 2015/02/07 18:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/315-773a91c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT