FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桜の季節に想うこと

桜 満開ですね。



混雑がニガテなので、お花見は たまたま出逢った桜を見上げては うっとりするだけで満足。

このところ、何処かで読んだ「あなたが生きているこの時間は 生きたかった別の誰かの時間でもある」の一節が、心の片隅にずっとあります。
最近亡くなられた先輩や、若い後輩たち。三月は父や震災に遭われた方々の命日も。そしてキキ。
亡くなられた たくさんの方が生きたかった時間として 我が日々を省みると、だらだら過ごしていて恥じ入るばかり。
毎日をもっと丁寧に送らなくては!

一年に一度、それも限られたわずかな日数しか咲かない桜は、それぞれの、生き死にを考えると 特別な存在に感じます。
四年前の冬に受けた父の余命宣告「桜の花は見られないでしょう」が、影響しているのかもしれません。実際 その通りになりましたから…。
昨年の桜を希望いっぱいで見上げていたであろう若い後輩たちも、もう二度と桜を愛でることは出来ません。
だからこそ、生きたかった別の誰かの分まで、桜と向き合おう!花を見上げては、そんなことを考えています。




リネアとのお花見も楽しみたいと、久しぶりに広い公園に。
10年以上前は、毎日のように訪れて元気いっぱいに走り回っていた公園です。
懐かしいね~!




さわやかな甘さが この季節にぴったりではと手作りした苺大福。
桜の次はお任せをとほころび始めたお庭の桃と。
こうして 季節は 巡っていくのですね。

| 未分類 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/325-27b862ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT