FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

狭小物件ですけれど…



今年も、咲き始めた林檎の花。
健気なたたずまいが、大好き!

林檎の木の隣で、ぐんぐん伸びているのは月桂樹。(隣の林檎やバラを贔屓している私が 始終刈り込むため、上に伸びるっきゃないという 可哀想な状況なのです。)



こんもりとした枝の中に、我が家の狭小物件は あるらしい。
あるらしいと申しますのは、背伸びをしても、二階から覗き込んでも、物件を目撃できないから。

この狭小物件におすまいなのは、こちらのお方。




ヒヨドリくん!
このヒヨくん、黄昏時に 林檎の木に止まっているのを何度か見かけていました。
頭のぼさぼさがそれほどでもないので、勝手に若いイケメンと推測。
そんなある日、たまたま目撃してしまったのです。
ヒヨくんが、隣の月桂樹の木にひょいと飛び移り ごそごそっと枝がこんもりしている辺りまで降りて 落ち着くのを。
いや、正確には、動きの気配を察したと言うべきですね。なにしろ、見えないのですから。
それにしても…
えーっ すんでいるの⁉︎
こんな狭いところに⁉︎

調べてみたところ ヒヨドリは体の大きさに比べると小型の巣を作ることがわかり、少し安心。
しかし、いくらなんでも狭小過ぎて ファミリー物件には 向かないのがザンネン!
(お庭の木で子育てしたら 良いなぁとひそかに期待しているので。)

ヒヨドリは、仔飼いにすると非常によく慣れて、飼い主を見分けるそうですよ。
なんと、平安時代は貴族の間で盛んに飼われたとか。当時の文献によると、現在の競走馬のように個体名が付けられたりして愛玩されたそう。
ぼさぼさ頭で、鋭い声でピーヨピーヨと鳴き、バードテーブルを我が物顔でかき回し、ワンパクもの扱いされることが多いヒヨドリ。
彼らに そんな時代があったとは‼︎


単身者向けの狭小物件ですけれど…
少しの間でも、ウチの物件を選んでくれて嬉しいよ~と呟く おせっかいおばさんの私です。

| ガーデニング | 13:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/04/20 06:10 | |

Re:

れいこさま
イケメン ヒヨくん 未だ独身のようです。
昼間は、時々林檎の花の蜜を吸いに来たりするのですが…単身です。
って 同一ヒヨドリじゃないかもしれませんけれど。

それにしても れいこさん 早起き〜〜!
私は、どんどん早くなってる夜明けに 追いつくのは早々と諦め、宵っ張りの朝寝坊になってしまっています。

| まりこ | 2015/04/20 12:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/327-b0ae8bfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT