FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅立ち




リネアが旅立ちました。
15才と約2ヶ月。

ここ数週間は、とても辛そうな時もあり、そんな時には 早く逝かせてあげたいと思ったこともありました。
たとえ一瞬でも そんなことを思った私は不遜な愚か者でした。
リネアが旅立った時の、自分の狼狽ぶりに茫然自失。
そこで初めて じつは 私が介護していたのではなく、逆に私が精神的に介護されていたことに気づかされたのです。





しばらく前に 書店の店頭で求めたこの本。

リネアと同じコーギー、しかも病状も同じ蘭丸くんの成長と亡くなるまでの介護の日々を綴ったご本。
夏休みの読書感想文向けに平積みになっていたもの。表紙のコーギーと内容に惹かれて 求めました。
ここ数ヶ月は、留守番のリネアが心配で 外出も控えていましたので、通りがかった書店の店頭で この本に出会えたのは 天啓だったかもしれません。
悔悟を遺さないよう 心を尽くして一緒に過ごすことは、犬にも飼い主にも幸せなことという内容には おおいに励まされました。

最初の画像は、札幌のモエレ沼公園のモエレ山で撮ったリネア。
飼い主が逝く時 愛犬はあちらで待っていることを信じて、待ち合わせ場所に選びました!
リネア その日まで 待っていてね。

| ペット | 10:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/08/28 11:29 | |

Re:

あたたかいコメント ありがとうございます。

この数ヶ月 ほとんど引きこもり状態でリネアのそばにいた私。
リネアが逝ってしまってから、急にばたばたと忙しくなってきました。
この忙しさを リネアの配慮と考えるのは、まったく私の勝手なのですけれど…
「いつまでもうるうるしていないでね。
元気でいてね。
リネアは、ずっとそばにいるから安心してね〜」
そんなメッセージを感じながら ばたばたしております。

昨日は、長野県でナビのルート選択ミスで 間違った方向に行ってしまいました。
まったくの偶然なのですが、何年か前にリネアと一緒に訪れた場所を通ることとなりました。
呼ばれちゃったかなぁ?
この調子だと、また北海道も訪れることになるかも!
なーんて 勝手な想像を巡らせてしまいました。

| まりこ | 2015/08/29 13:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/353-34662f89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT