FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の奈良

うわー、先週の今頃は 奈良にいたなんて信じられないような時間の流れですが…忘れないうちに 奈良の思い出をちょこっとメモしますね。
夏季大学を始め、先輩方とご一緒させていただいた時間も多いのですが…基本 大人のひとり旅。てくてくと毎日 2万歩以上歩き回りました。唯一不安だった暑さが、それほどでもなかったのが幸いでした。


興福寺の五重塔や猿沢池
Jのご先祖さまと同じく 私もすたすた。

どっしり東大寺
火灯し頃の春日野は 昼の喧騒が嘘のようにしーん。
ところが、南大門の付近のみモンスターを探してスマホ画面に見入る若者がたむろ。
別の日に訪れた東大寺ミュージアムは 落ち着いた雰囲気。前日に夏季大学で東大寺管長のご講義を伺ったこともあり、興味深く拝見。館内は、外の喧騒が信じられないほどひっそり。勧められたイヤホンガイドを断れずにお借りしたこともあり、丁寧な説明付きで お勉強。

ライトアップされた奈良博。
ゆったりし過ぎて、奈良国立博物館は 思いっきり駆け足。「忍性 展」は諦め、4月にオープンした仏像館へ。
まさしく仏像のオンパレード!
これは、またの機会に もっとじっくり拝見しなくてはと反省。
館内では、夏季大学でご一緒の先輩方に あちらこちらでバッタリ バッタリ。仏像好きな方々ばかりなので、マニアックなおしゃべりも タノシカッタ!

ここ奈良博の前庭には、鹿さんがうじゃうじゃ。確かに このエリアは、昼間でも鹿密度が高いのですが…それにしても、この密集度にはびっくり。
固まっていれば安全だと分かっているのでしょうね。

せんとくん。平城京遷都のイベント以来 あまりお見かけしないなぁと思っていたのは私だけ?
現役 活躍中。
夏季大学で せんとくん生みの親籔内佐斗氏から伺ったところによると、奈良県庁には、せんとくんのデスクと電話まであるとか。ただし無給だそうですが…。
奈良駅でお勤めしていたせんとくん。ちゃんと 仏様の装飾品を身につけているのです!
籔内氏の左肩から右側の腰にかけて,薄い帯状の布「条帛」(じょうはく)。
そして「瓔珞」(ようらく)(イヤリングやネックレス)「臂釧」(ひせん)(上腕の腕輪)、「腕釧」(わんせん)(ブレスレット)など。
籔内氏のご説明を伺うまでは、なーんとなく仏像っぽいなぁ~と感じているくらいで あまり意識していませんでしたけれど。
(続く かな?)

| 未分類 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/405-33446936

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT