FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

酉年の初笑い

     20170102-1

穏やかなお正月。
明け方までパソコンと格闘して ようやく生協の冬休みの宿題を50%終わらせたので、今日の青空と同様に心も晴れ晴れ!
思い立って穴八幡宮へ、一陽来復のお札をいただきに伺った。

     20170102-2

近頃は お仲間の影響もあり これまであまり気にしなかった社殿の彫刻に目がいってしまう。
戦の神様八幡様と鳩との取り合わせは不思議だなぁと思って調べてみたら...
江戸時代、ある同心が的場を造営した際、傍らにあった松に鳩が3羽ずつ宿ったことを瑞祥の兆しとして、石清水八幡宮を勧請して神社を造営しようとしたとのエピソードを発見した。
へぇ~~!

お詣りはさほど並ぶこともなくスムーズ。
ところが肝心の(神様ごめんなさい!)一陽来復のお札をいただくには長蛇の列が...

昔々 穴八幡宮近くの駅を通学に利用していた私。
2学期の期末テストのころ、ある日突然 最寄駅が大混雑!
それが、冬至の日に一陽来復のお札を求めて穴八幡宮に向かう人々のためだったと知ったのは、いつからだろうか。
そんなわけで冬至に大混雑するのは知っていたけれど...お正月も大行列だなんて、知らなかった!
まぁ、こちらに伺った一番の目的はお札なのだから、並ぶしかないでしょ。

     20170102-3

並びながら、青空に映える松と隨神門をパチリ。
「松」の名前の由来は「(神を)待つ」に由来すると、つい先日 先輩から教えていただいたばかり...なるほどね~。
ちなみに隨神門とは神域に邪悪なものが入り来るのを防ぐ御門の神様をお祭りする門だそうだ。

行列は参道の脇。
並んでいる間中漂っていたたこ焼きの匂い。
無事にお札をゲットした後は、お腹の要求に忠実に、たこ焼き店にも行列!

     20170102-4

お次は、我が家恒例の初笑い会場へ。

     20170102-5

凱風快晴の富士山に酉!
たくさん笑って...途中ちょっと居眠りもしてしまったけれど..
今年もたくさん笑って過ごしたいなぁ!

| 未分類 | 01:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/421-def946b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT