FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インドに咲く染織の華


松濤美術館で開催中の「インドに咲く染と織の華」展へ 。

   


機械では紡げない極々細の木綿糸を使ったモスリンや、気の遠くなるような綴織が施されたパシュミナなど、インドならではの染織品の数々に眼福。
個人的に、トーハク東洋館のショップで見つけた 書籍 上羽陽子著 「インド染織の現場: つくり手たちに学ぶ」を 先月読んだばかり。

現在、トーハク東洋館地下の染織がインド染織と関係の深いインドネシアの染織品。
そして、今週末ガイドさせていただく宝物館の染織に蠟纈の技法を用いたものがあること。
様々な要因が重なっており、大変 興味深く拝見した。
インドの染織品のコレクションは、日本画家の畠中光亨氏のもの。
畠中氏は、現在 再建中の興福寺中金堂に掲げられる法相宗 祖師画の制作を担った方だそうだ。(渋谷区とは距離のある奈良に、今回の展覧会のチラシが置かれていたのは、そのためらしい。)

思いがけず、畠中氏のサイン入りの図録も入手できた。積ん読にならないよう、学びたいと思う。

| 未分類 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/456-2af13ef5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT