FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士を越えて


富士を越えて たどり着いたのは…
北斎展ー富士を超えてー

大英博物館やギメ美術館など、海を渡った北斎作品。肉筆画が多い。もちろん 凱風快晴、神奈川沖浪裏など浮世絵の代表作(しかも、色がキレイ!)も。
東博にみえるお客様からは、パンフレットに掲載されている赤富士を指して「これは、何処にあるのか?」とのお尋ねが結構多い。日本語では、素材が脆弱で、ずっと展示することは出来ないため現在は展示されていないとご説明するのだが…哀しいかな語学力不足のため、外国のお客様には難しい。
今回の展示は、北斎がたくさん拝見出来るから、もっと海外の方が多いと思ったが…少ない。というより、日本人が多過ぎ⁉︎ 
サイズの小さな作品が多いので、混雑は予想していたものの…事前にチケット購入していても、入場までに30分以上。コンパクトな会場ゆえ、入場してからも かなりの混み具合。イヤホンガイドも借り、グッズも購入して、約2時間半は、平日ならではの短時間コースなのかもしれない。

素材となった「雪中虎図」の虎の眼は、優しさをたたえている。北斎は、常に前向きで希望を胸に生きていたと感じさせる肉筆画。

| 未分類 | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/466-4875c190

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT