FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

国宝展@京博


キョーハクこと、京都国立博物館の開館120周年記念として開催中の国宝展。

いつもはゆとり過剰な印象の エントランスの空間にびっしり並ぶ人ひとヒト。
設計者 谷口吉生氏は、ここまで想定されていたのかなぁ。
伺ったⅢ期の目玉は、金印、長谷川等伯×久蔵親子の共演(松林図屏風、智積院の桜図)、伝源頼朝像等神護寺三像などなど。
松林図屏風も桜図も 何度観ても 作品の持つ力が伝わってくる。親子共演に並んでいた円山応挙の雪松図屏風の見事さ!
平安時代のものとは信じられない源氏物語絵巻の鮮やかさ、信貴山縁起絵巻や粉河寺縁起絵巻の闊達さ。
初めて拝見した四天王寺所蔵の懸守の愛らしさ。
とにかくすべて国宝! 作品の持つオーラがとんでもない。見終えた後は、魂抜かれてぐったり。

| 未分類 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/468-1589ea59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT