FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

竹橋ではありません!上野にもあるのです!

仁和寺展に向かう方々で賑わっている東京国立博物館。
多くのお客様が、出口への通路としてお通りになる本館18室には、明治・大正の絵画や彫刻、工芸が展示されています。
そうした近代の美術作品は、竹橋の近代美術館が専門と思っておりましたが…上野にも、あるのです!
2/14から 前田青邨画伯の 素敵な作品が展示されています。
1番感動した作品は、「お水取 」昭和34年 平木浮世絵財団蔵
なんといっても 季節感がぴったり。東博蔵じゃないので、画像をご紹介できないのが残念です。
お水取の始まりから松明の踊るクライマックス、そして無事に終えての夜明けまで 何場面かを絵巻に仕立ててあります。
画伯の作品からは、いつも凛とした空気が感じられますが、この作品は特に!
張り詰めた空気感が高まっていくさまや、明けの空の清々しさなど、素晴らしい!!
そして、都(京名所)八題 大正5年
こちらは東博蔵ですので、撮影可能。

雪の清水寺は、清水の舞台を上から俯瞰するという斬新な構図。
しーんとした冷たい空気が 画面から伝わってくるようです。

三十三間堂も また俯瞰図なのですが、お堂の長さがユーモラスでさえあります。そしてお堂の大きさを強調するために配された拝観の人々。(画面左下に非常口が写り込んでしまって申し訳ありません。)

四条大橋は、画像が切れてしまってごめんなさい。(橋の上の人の流れに目が吸い寄せられてしまって、アングル失敗。)
人力車や大原女、舞妓さん、川の中で漁をしている人?などなど、さり気ない筆使いながら、しっかり分かるように描かれています。手前にもう一本橋があることにも驚きです。
そういえば昨秋 中華にするか洋食にするか 悩んで四条大橋を行きつ戻りつしたなぁ…名作を前に 失礼しました!
なお、ご紹介した作品の展示は3/18までとなります。

| 博物館 | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/479-d6d48302

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT