FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤマボウシは山法師

肌寒い毎日が続く。昨夜は、とうとう暖房してしまった。ステイホームで(珍しく!)きれいに掃除したエアコン。掃除後初稼働は、冷房だとばかり思っていたのに。
さて、緊急事態宣言の解除が近づいているのか、利用している図書館が5/31までの休館を早めて昨日より開館。ただし、閲覧等の館内利用は不可。返却とリクエストした本の受取りのみ可能とのことなので、早速返却を兼ねて行ってみた。厳戒態勢のチェックを潜り抜けてお借りしたご本は…

実は、かなり前に新聞の書評を読んでリクエストしたご本。あまりに長い期間待っていたため、連絡をいただくまですっかり忘れていた。もちろん、せっかくお借りできたので、これから拝読するつもり。ミステリーは、久しぶりなので、楽しみ!


図書館への道すがら見かけた公園のヤマボウシ。ハナミズキと似ている花だが、ヤマボウシの開花はぐっと遅い。もうそんな季節なのだ。
そういえば、トーハク黒門脇のヤマボウシはどうしているかなぁ。休館中の静かな構内で咲いているのだろうなぁ~と懐かしくなった。
帰宅して、昔のファイルを探してみた。こちらは、2018年5月16日に撮影した、東京国立博物館法隆寺宝物館前のヤマボウシ。

隣の重要文化財の黒門と遜色ないとても見事なヤマボウシ。少し離れた法隆寺宝物館のエントランスホールから眺めると、開花時には大きな樹木全体が白いベールで覆われたように見える。来館のお客様から「あれは何の樹木?」とよくお尋ねがあった。
東博構内の樹木をガイドするツアーでは、「僧兵が白い頭巾を被っている姿に似ていることから山法師です」なんて、僧兵姿が描かれている絵巻の画像を掲げてご案内したことも思い出した。館蔵品と結びつける博物館ならではの樹木ガイドをと考え、樹木と結びつく作品を求めて、展示室や所蔵品の画像ファイルを渉猟していた日々。
ヤマボウシの実は、マンゴーのようなお味だとか。東博の樹木は館蔵品保護のため消毒が施されているため、お味を確かめることは出来なかったのが心残り。

| 未分類 | 13:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/05/23 08:29 | |

Re: ヤマボウシは山法師

すばらしい!
れいこさん、さすが〜!
私は、ステイホームを見越してお借りした2冊のうち、ようやく飛ばし読みで1冊のみ読了。
積読のご本が、ちっとも減りません。
どうも、いろんなことに首を突っ込むのに、行動がノロマ過ぎてついて行けないらしいです。

| M | 2020/05/23 14:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/515-fd3b557c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT