FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナショナル・ギャラリー展

楽しみにしていた、ナショナルギャラリー展。

自粛期間中にネットで購入した図録を熟読していくはずが…結局、ざっと目を通しただけで会場へ。
う~~~ん、素晴らしかった! 会期変更、東京で開催されて良かった~と感激しながら鑑賞。
その上、予約定員制のためか、こういった特別展で有りがちの混雑が無く、ゆっくりじっくり拝見することができるのが嬉しい。


フェルメールも堪能。(日本の美術館でフェルメール独り占めできるなんて、感涙!)


クリヴェッリ、ウッチェロ、ヴァン・ダイク、ゴヤ、ムリョーリョ、レンブラント、ターナー…美術史のキラ星のような画家の作品、それも全作品日本初公開とのこと。恥ずかしいことに、ロンドンのナショナル・ギャラリーで記憶にあるのは、岩窟の聖母ほか何点しかない私にとっては、どの作品を見ても感動。その上、キャプションが、日本語!!(笑)
気分が高揚していたので、そのまま常設展も拝見! こちらも、すご~く楽しみにしていた内藤コレクション展Ⅱ 「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」(前回より、絵が多くて字の読めない私には嬉しい。)


時禱書より 受胎告知  


時禱書より 聖杯を持つ福音書記者聖ヨハネ(若くて優美なヨハネ!)


だまし絵(トロンプ・ルイユ)風の装飾枠がかわいい!


小鳥や草花の可憐な装飾飾り。
中世の世界にどっぷり浸って出てきたら…ミュージアムショップに新製品のこんな可愛いマスキングテープが!


マスキングテープやら一筆箋やら…母が遺した文房具がごっそりあるので なるべく買わないようにしている。しかし、この可憐なたたずまいには…負けました。

| 未分類 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/526-fb615c46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT