FC2ブログ

紡ぎ織る日々

暮らしに寄り添う手紡ぎ手織りの作品づくり それを支える日々の暮らしをお伝えできたらうれしいです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パウル・クレー展 イベント

国立近代美術館で開催中の パウル・クレー展へ

26日は 谷川俊太郎氏と岡崎乾二郎氏の “対談 朗読会”に伺いました。

2011_0628デジカメデータ0011

左側の本の表紙になっている「黄金の魚」と 右の「クレーの天使」より「天使、まだ手探りしている」の朗読をうかがうことができました。
なお、この表紙になっている作品は どちらも今回出品されていません。

今回の展示は「創作の技法」をキーワードにしているそうで クレーの制作過程を明らかにするという切り口。
切ったりはったり 裏返したり 回転したり…クレーの考えを辿るような展示。
それなりに興味深かったのですが…
この頃 感覚のみに頼るような鑑賞しかしなくなっている私だからかもしれませんが 
少々 マニアックな 説明的な展示との 印象を持ってしまいました。

もちろん好きな作品もたくさんあって しっかり楽しませていただきました。

拝見しながら 現在 寝室にかけている織物は ずいぶん前に クレーに影響されて織ったことを 思い出しました。

2011_0628デジカメデータ0010

なにしてるの~?と やってきた LINNEA のほうが目立っていますが…
グリーン系の 絹やリネンの さまざまな太さや撚りの糸を 使ったケースメント。



| 未分類 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tumugioru.blog69.fc2.com/tb.php/61-8a2f47b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT